読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

農山村地域経済研究所 新庄支所から

豊かな自然と宝物がいっぱいの農山漁村が、全国各地にあります。この村々を将来の世代に残そうと、一年の半分以上を農村行脚しながら、村づくりをサポートする楠本雅弘という先生がいます。これは先生の応援ブログです。

手仕事 てしごと 「豊かさ」ってなんだろう? 1

 3月25日(土)に開催した「雪調に学ぶ会 第7回」には、約90名の参加を得て、盛会のうちに終りました。
 今回は、手仕事に携わる4名の若手の実践報告と民族研究家の結城登美雄さんの手仕事に関する講演、そしてこの5人によるパネルディスカッションでした。
 ◇コミューンアオムシの星川一宏さん。「ペリアンの寝椅子の復元経過について」
  1940(昭和15)年に輸出工芸指導者として来日し、新庄・最上の農民に作成依頼したとされる(不明な点は多いのですが)「シャルロットペリアンの寝椅子(実物は現在山形県立博物館に所蔵)」を現代に蘇らせようとする取り組みです。全然古くないですね!!


寝椅子(1941):これを復元しようとしています。

竹製シェーズ・ロング(1940)

シェーズ・ロング(1928) 寝ているのはペリアンです。

<つづく>