農山村地域経済研究所 新庄支所から

豊かな自然と宝物がいっぱいの農山漁村が、全国各地にあります。この村々を将来の世代に残そうと、一年の半分以上を農村行脚しながら、村づくりをサポートする楠本雅弘という先生がいます。これは先生の応援ブログです。

「農村と農政を考える楠本ゼミ」参加記 2

<党派性の克服>
 先生は、一橋大学で永原慶二先生、佐々木潤之介先生、古島敏雄先生のもとで歴史学を学ばれ、戦前マルクス主義の最高の到達点である講座派の理論を学ばれた(戦前に、「日本資本主義論争」があり、講座派=共産党の理論的シンパと労農派=社会党左派の論争)。特に永原ゼミでは伝統の農村調査で鍛えられ、その後の先生の調査研究のベースとなりました。その後農林漁業金融公庫の調査部に就職。農村現場での調査・研究の中で、戦前農政の担当者・当事者である石黒忠篤、小平権一らの農政史研究することになり、視野を広げられた。
 ところで楠本先生が学ばれた先生方は講座派に属します。当時は研究者の中にも「講座派だ、労農派だ」というようなレッテル貼りがありました。*1しかし楠本先生は、講座派の中でも見解は多様で、永原先生と労農派の大内力先生との類似性を指摘します。これなどは初めてうかがうことで、自分の不勉強を自覚するとともに、楠本先生の見識の深さに驚かされます。そしてこの近代史に関わる論争を「論争のための論争」をくり返してきた。政党の介入、特にコミンテルンの影響などで学問もゆがめられた。しかし徹底的に資料を調べ、論理を構成して、相手を論破する。自分がいかに説得力を持った論証展開するかというので、学問は進歩した。と整理します。
 ただ先生の話を伺っていると、学部1年の夏に調査し、2年で学生研究誌『一橋』に応募し、入選した「農業における階層分化と共同化」という最初の論文。栗原百寿『農業危機の成立と発展』を台本にして書いたという卒論「寄生地主制下の小農経営に関する試論」からもわかるように、農業の共同経営とか、小作農民の暮らしといった農村社会の基底のところに視点があり、それを追求し続けてきた。だからこそ党派性に左右されることなく、本当に貴重な研究をつづけられ、さらに貴重な史資料の編纂を成し遂げることができたのだと思います。

*1 私も森武麿先生の研究会で勉強させていただいている時に、「俺、大島清先生のゼミに参加させてもらっている」と言ったら、仲間に「おまえは節操がない」と非難されました。(大島先生は労農派ですが、栗原百寿の最大の理解者で、栗原が49年にレッドパージで困窮し、さらに当時出した栗原理論を共産党は彼が死ぬまで非難・罵倒し、日の目を見たのは死後である。この間、大島は栗原家の最大の援助者でした。)

「農村と農政を考える楠本ゼミ」参加記


<はじめに>
 9月14日(金)、農文協会議室(港区赤坂)で行われた、第2回の上記ゼミに参加してきました。
 ここ5が月ほど、個人的な理由で、山仕事もボランティアも全くと言っていいほど何もできませんでした。その意味でも今回のゼミへの参加は、知的な刺激を大いに受けてまいりました。
 このゼミの呼びかけ人である中島紀一先生(茨木大学名誉教授)の「お誘い」の文章
 喜寿を迎えられた楠本さん。驚くばかりの博学。文字通りの碩学の人。その楠本さんから、近現代の日本の農業・農村・農政の歩みについて、縦横にお話しいただけることになりました。
  戦前から戦中へ。私たちは今、その歴史過程を、つぶさに見つめ直す時期にいると思います。楠本さんの語りから新しい認識を紡ぎだせればと期待しています。
  ぜひご参集ください。」

  考えてみると、戦後の農政と言っても70年以上も経過しているのです。今聞いておかなければ、という思いで参加しました。

<楠本先生の研究テーマ>
 第2回のテーマは「なぜ農村・農政研究を志したのか?  個人史と社会史の交錯(その2)」でした。そこでは、楠本先生の「研究史との出会い」をご自分の半生を振り返りながら、具体的に話されました。その話される内容は、驚くべき記憶力で、まさに博覧強記というべきものです。(第1回の講演記録は、事務局の方がテープ起こしをされています。また中島先生の質問も的を得たもので、私にとってはわかりやすい解説となりました)
 そこで先生の選ばれた研究テーマは、「農業経営(資金)管理論」、「協同組合」、「農業金融」そして「出稼ぎと過疎問題」。それに続く「集落営農運動」。そしてこれらの背景となる「地域史」。さらにこれらの歴史的な展開から検討する「近代農政と石黒(忠篤)・小平(権一)」、「農山漁村経済更生運動」。そしてこれらの研究の元となる「農政史料の探査収集・整理分析・保存・刊行」です。このように多岐にわたります。(先生は、これだけにとどめておりますが、実はもっともっと広範囲にわたります)
 しかし先生が上記のテーマを対象にする理由は、農を営む人々の日々の営みに始まり、彼らを取り巻く環境、そして彼らの生活を規定する行政(農政)に至るという至極当然な研究姿勢と言えます。しかし「協同組合」一つとっても、個人のテーマとしては大きいのに、と思うのは私一人でしょうか。
<問題意識>
 そして先生の研究の根底にある問題意識が、農山漁村に住む人々の生活(共同体)の再生あると確信しています。
 ある学者は「いかなる学者も<自分自身の学問が庶民にとってどのような意味をもつのか>ということを明らかにせずに研究してはいけない」(板倉聖宣=教育学者)と言います。学者・研究者と言われる人は星の数ほどもいますが、自身の学問・研究をもとに実践・活動している人はどれほどいるだろうか。
 先生が山形大学在職中に「山形県史現代編」の編纂事業が行われ、私も産業・経済部会で先生とご一緒させていただいた時、先生の博学ぶり、見識の確かさに驚嘆し、本当に失礼な質問をしてしまった。「なぜ先生は、これらのことを論文として発表されないのですか」と。しかし先生はその頃より(それ以前から)農家の経営相談、農山漁村の再生のための全国行脚をしていたのです。
 問題意識とは何かということは、学問はどうあるべきかということであり、弁証法・認識論の問題でもあります。つまりどういう問題意識を持つかによって、農村・農政に対する認識も異なってきます。また組織論・運動論も同様です。農民たちと乖離した意識で運動を進めようとしても、農民はついてきません。またその運動も成功はしません。一人一人が判断できるよりどころを示さなければついてこないのだと思います。「行方 見えねば 人寄らず」(牧衷)です。       (つづく)

 *次回は、<党派性の相克>ないしは<党派性を超えて>から。

石巻 雄勝ローズファクトリーガーデン訪問報告

 5月3日、石巻市雄勝ローズファクトリーガーデンを主宰する徳水博志さんを訪ねていきました。

 途中、阿部勝子邸(ボアランティア・センター=VCの基地)に立ち寄ったら、偶然にも益田文和先生がおり、金華山の鹿の角を使っての「土産物つくり」をしておりました。

f:id:zenninnaomote:20180522173517j:plain

 この日は海が荒れて金華山行きのフェリーが欠航とのこと。後でいつもの山谷君、旅の旅行社の竹島さん、最後に押切さんが8名くらいのボランティアの人を連れてやってきました。私は、阿部勝子さんにきな粉餅をごちそうになり、娘さん・お孫さんと若干お話をして、女川に向かいました。女川はゴールデンウイークということもあり、駅前の復興商店街は賑わいを見せていました。

 

 昼食を済ませ、雄勝に向かいました。午後2時前に「ローズファクトリーガーデン」に到着。徳水さんはお話の準備をして待っていてくれました。

f:id:zenninnaomote:20180522173824p:plain


 私が徳水博志さんを訪ねたのは、2012年8月、宮城県気仙沼市での朝日カルチャーセンター主催の集会に参加しました。その時の講演者の中のお一人で、ご自身も被災しながら雄勝小学校での「復興教育」で優れた教育実践をされた報告をしてくださいました。(⑴)それに感動し、なんとかお会いしたいと出向くなどしたのですが、ご病気や会社設立のため、多忙を極めており、機会を得ることができず、この日となりました。
 

f:id:zenninnaomote:20180522174101j:plain

最初に挨拶代わりに、「震災から7年が過ぎて、ボランティア活動の在り方にも大きな変容がある。今、被災地に必要なボランティアはなんなのか。」とお尋ねしました。
それに対して、徳水さんは、自分の実践を示しながら教えてくださいました。
<自らも被災し、義母をなくしながら、教員として「復興教育」を提唱して、実践したこと。一方、奥さんが実家のあった場所に母の供養のため花を植えたこと。そして児童の教育活動=雄勝復興のプランの中に花壇整備が計画され、これがローズファクトリーガーデンを作るきっかけになったこと。関係性を喪失した被災地で、復興に関わることで関係性の再構築しつつ、真の被災地の復興(真の復興とは、人間性の復興である>に取り組んでいること。そして地域を愛する人々が地域の変革の主体者となること。また現在は、ローズファクトリーガーデンを活動拠点として、一般社団法人(非営利)「雄勝花物語」を設立し、イデオロギーよりも雄勝を愛するものを大事にして、彼らをすべて巻き込みながら復興事業を展開していました。(⑵)>

f:id:zenninnaomote:20180522174432j:plain

 お話を伺って、震災からの復興と農山村地域の再生は、基本的の同じであることを確認できました。そして楠本雅弘先生の訴え続けてきた<持続的地域社会を作っていく「地域営農システム」論>と通底していることを確認できたことは、大きな収穫でした。

f:id:zenninnaomote:20180522174544j:plain



⑴ 徳水さんの講演の内容は、大門正克・岡田知弘他編著『生存の東北史』(大月書店 2013年)
⑵ 前掲書。岡田知弘『震災からの地域再生』(新日本出版社 2012年)。福田徳三『復興経済の原理及若干問題』(1924年)。そして、今回のお話のもとになるのが、徳水さんの『震災と向き合う子どもたち』(新日本出版社 2018年)です。

3.11 東日本大震災の風化を防ぐ!  「語り継ぐこと」「語り続けること」の意味

 東日本大震災から7年が過ぎました。本当に早いものです。このブログの最初の記事として「人の記憶は時間とともに薄れ、どんな大きな歴史的な事実も風化していく。これを防ぐためにも私たちには歴史を正しく伝えるとともに、繰り返して語り継ぐ責務があるのだと思う。」と書いた。簡単に「語り継ぐ」と書いたが、このことについて昨年末、1冊の本に出合い、再考させられた。
 昨年末に、大門正克著『語る歴史、聞く歴史』(岩波新書2017/12)を著者からいただいた。

f:id:zenninnaomote:20180320003521j:plain

 本書は「主に明治以降から現在に至る日本の近現代を対象にして、語ること、聞くこと、叙述することの歴史に照準を合わせた本」である。是非ともお勧めしたい本である。
 取り上げられているのは、幕末維新の回顧録、『福翁自伝』、篠田鉱造『百話』、柳田国男瀬川清子民俗学沖縄戦東京大空襲などの戦争体験、植民地からの強制連行、女性の農家や炭鉱労働者の労働や生活の記録などだ。
 新書であること。また歴史と銘打っていることなどから、量は限られマスコミ、インターネットなどメディアへの言及などは割愛されているが、著者のこれまでの問題関心に沿って、わかりやすく整理されている。例えば聞く側の行為としてのask, listen, take というふうに分類している。

 ここではaskと listenについて考えてみたい。話は少し長くなるが、本書の中でも取り上げている大門著『戦争と戦後を生きる』(小学館2010年)に感想を書いた。

f:id:zenninnaomote:20180320003734j:plain

 満州からの引揚者の話の中で、筆者(大門さん)はある女性が引き揚げの途中に暴行されそうになり、その女性が「<商売>の女性に(自分の身代わりを)頼んだ」という話を聞く。しかし「なぜ頼んだのか」は聞けなかった。この点について「聞けなかったのは、研究者としては甘さがあるとの指摘を受けても仕方あるまい」と指摘した。
 その時は、「なぜ<商売>の女性に頼んだのか」は、核心だし、だれもが聞いてほしいことではないのか。そこまで話してくださったのだから、もう一歩踏み込んでも良かったのではなかったか。と思ったからです。
 でも、この本を読み考えてみた。その場で私が聞き取りをしていたら、彼女は、この事実を語らなかったでしょう。大門さんにこの事実を語る前に、新聞記者からも取材を受けていたが、「そんときはあんまり話さなかった」と語っているように、聞き役に徹することなく、何かさらに新しい事実を求めるような下心があるようでは、自分から話すことはなかったでしょう。私たちは、語る人の体験が重ければ重いほどに徹底的に寄り添うことしかできないのだと思う。
 大門さんは、体験を聞く歴史が成立する条件を次のように整理しています。
(1) 語り手と聞き手の信頼関係のあり様
(2) 聞き取りが成り立った条件、場についての自覚
(3) 先入観を捨てて語り手の語りに耳をすます
(4) 語りの意味を考え、聞き取りを叙述してかたちにする

 私にとっては⑴の信頼関係を築けたとしても、⑵から⑷が難しい。
「戦争体験を受け継ぐ、受け渡す」の中で、橋部さんの、聞き手が心がけることは「語り手を誘導することは避けて」、「語り手の<まるごと>の生き様」を聞くこと、という話や広島市立基町高校の取り組みを知り、私としては救われる思いでした。
 高校生たちは被爆者と何度も会い、何度も話を聞き、試行錯誤を繰り返しながら絵を描いていく。そして高校生が「やっぱり、証言者の方はなくなっていくと思うんですけど、その証言者の方の思いをどんどん重ねていったら、証言者以上のその重さが、どんどんどんどん増していくと思うんで、(――そうだよね)はい。だから、(被爆者の方が)いなくなられても、継承していくことは意味があることだと思います」と感想を述べている。(小倉泰嗣「被爆体験をめぐる調査表現とポジショナリティ」2013年)。

 東日本大震災の風化が進んでいることを肌で感じている自分としては、聞き手として心がけることを念頭において、語り手に思いを重ねていくことで「語り継ぐこと」「語り続けること」が可能になるのだと思います。この重要性を忘れずにいたいと思います。直接向き合う聞き取りには、この可能性があるのですね。いや、これしかないのだと思います。

板倉聖宣先生が亡くなりました―合掌

 2月7日、仮説実験授業の提唱者の板倉聖宣さん(1930~2018)が87歳で亡くなりました。
 私が板倉先生を知ったのは、川越商業高校で非常勤講師をしていたころ1984(昭和59)年ころ、森下健七郎さんから、その存在を教えていただき、川越女子高での講演会で初めてお話を聞きました。
 山形に戻り、就職が決まり「山形仮説サークル」に参加しながら学ばせていただきました。その頃、理科の授業書だけでなく。社会の科学の授業書も書かれていました。『日本歴史入門』『禁酒法と民主主義』などです。その中でも秀逸なのが『生類憐みの令』でした。でも私は仮説実験授業研究会の会員にはなりませんでした。板倉先生の「ヒューマニズムをもとにした徹底した子供中心主義」という考え方には共感しつつも会員(規則は本当に緩いもので、ほとんど制約されることはありません)になることで、自分が見えなくなるのでは、という不安からでした。

 歴史学を勉強してきた自分としては、『歴史の見方考え方』『日本史再発見 理系の視点から』などを読み、これまでの歴史学を覆してくれるほど刺激的な本でした。しかし残念なことに板倉先生の著作への反応はありませんでした(もしどこかの歴史学会で、批判とか書評などがありましたら、教えてください)。

 板倉先生は民主主義を決して否定はしていませんが、「民主主義は、もっとも恐ろしい奴隷主義になりかねない」ということをくり返し強調していました(牧衷さんも同様)。そして「自分の善意だけを信じて、結果に盲目な人ほど恐ろしい人はいない」とも言います。そして、「自分たちの善意を大切にしながらも、たえずその善意によってしたことの結果を実験的に確かめながら生きることのできる人だけが、今後の世の中を明るくすることができるのではないか」と。そして今後の社会は「自分の判断を仮説とし実験的に確かめつつ生きていくよりほかない」と(『いま、民主主義とは』)。今の日本の政治状況を示しているようで怖いのですが。

 

f:id:zenninnaomote:20180226010530p:plain

牧衷さん(1929~2015)と同様に板倉先生の言葉を大切にしながら、生きていきたいものだとしみじみを思いました。合掌。

地元の宝物 測量遺産 塩野原基線

 昨年末、2冊の著作と2本の論文(冊子)をいただいた。さらに3冊の本を貸していただきました。どれも興味あるものばかりで、今、じっくりと読んでいます。
 その中の1冊を紹介します。
 ※大和工営一等三角点の会『測量会社の登山体験記 山形県一等三角点紀行』2017/5/30 著者発行人 大和工営一等三角点の会 齋藤利夫 非売品)
 皆さんは、<一等三角点>とは何か、知っていますか?
 地図(正確な広大地域を覆うもの)を作成するに際し、現代の航空測量が一般的に行われる以前から使用され,現在も引き続いて利用されている測量方法の一種である三角測量(三角形の一辺の距離と二角の角度を知ることにより、他の二辺の距離を計算で求める方法)を実施したとき、地表に埋定された基準点である。一等三角測量は、まず正確な長さが測定された基線を設けることから始まります。基線は3kmから10kmという直線と平坦な地域が確保できるところを選び、4mから25mの伸縮の少ない正確な物差し(基線尺)を使用して、その長さを慎重に測りました(国土地理院HPより)

f:id:zenninnaomote:20180123222252g:plain

  だそうです。日本の近代化政策の中の一つで、明治政府が正確な地図作成を急ぎ、全国で15の基線が設けられました。その中の一つに山形県新庄市北部に、1894(明治27)年に設置された「塩野原基線」があります。全国に15の基線が設定され、日本の正確な地図つくりに非常に重要な役割を果たしました。これに基づく日本地図は1913(大正2)年に完成しました。ところが、時代はかわり、今ではGPSなどで測量するようになり、ほとんど使われなくなりました。(最新技術での測量の基本になるのが「電子基準点」、実はこれ、新庄の東山の体育館わきの駐車場の端にあります。これも驚き!)

 

  そして現在でも当時と同じように基線の両端が見え、当時と同じように測量できるのは「塩野原基線」唯一だそうです。そんなわけで、2011年に、「測量遺産」に指定され、12月15日に現地で「測量遺産塩野原基線」の標示板の除幕式があったそうです。f:id:zenninnaomote:20180123222438p:plain

  精確な日本地図の作成の基準になった「基線」が日本に唯一、新庄に残っているなんて素敵なことだと思いませんか。そして今は、新庄の東山に「電子基準点」があって伝統が引き継がれている!

f:id:zenninnaomote:20180123222926p:plain

f:id:zenninnaomote:20180123223000p:plain

  齋藤さんにいただいたこの本、塩野原基線から始まり、山形県にある21の三角点の登山体験記です。魅力ある文章で、それぞれの三角点の魅力を存分に伝えてくれます。おすすめ本です。但し非売品です。「大和工営」のHPに掲載されています。是非、のぞいてみてください。

 *掲載の写真は、新庄氏のHPより転載。

樹木が何百年も生きられる理由

 山で大木を切るのを初めて見たとき、ただただ圧倒されたものでした。その感覚は今でも変わりません。複雑な感情はあるのですが。また林業は大変危険で重労働でもあるのですが、仕事をしているととても気分がいいのです。不思議な感覚です。精神が浄化されるとでもいうのでしょうか。
 ところで皆さんは、大木を見て、「なんで樹木は何百年も生きられるのだろう?」なんて、考えたことはありませんか?私は自分の住む地域にある古木や、人工林なのに200年もたっている杉林を見に行ったりします。また、屋久島の千年杉のことを考えると、なんか「ありえない話」で、これこそ神の宿る木だから枯れないんだ。などと考えていました。
 ところが先日、この答えを大好きな雑誌『BE-PAL』(12月号 小学館)で知る事ができました。連載記事「ルーラルで行こう!」の稲本正さん「森林×アロマセラピー」のお話からでした。その中で、英国王立植物園のドクター・プランスの言葉を紹介。
「木が100年、200年と生き続けられる理由(中略)は、葉や樹皮に含まれる芳香物質のおかげ。これらの成分には、細菌の増殖を退けるだけでなく、抗酸化作用もある」
 <なるほど!>とガッテンした次第。さらに“宮大工はヒノキのにおいを嗅いでいると風邪をひかない”とか“飛騨の樵は、仕事で肩が凝るとミズメザクラの樹皮をはいで肌に張っている”この木は湿布薬そっくりのにおいがし、成分を分析すると湿布薬の主成分と同じだとのこと。
 これってすごい発見だと思いませんか?そんなの常識だよ!という人はごめんなさい。ヒノキの風呂は気持ちがいいなどとは感じてはいたものの、植物の芳香成分に疲労回復や自律神経を整える効果があるなど、山仕事をf:id:zenninnaomote:20171211232152j:plain

するまではほとんど意識することはありませんでした。アロマセラピーなんて都会のおばさんがやっていること、なんて斜に見ていたのですが、自分は山で木を伐っているだけでアロマセラピーを実践していることに気づかされました。
 本当に山には、私たちの暮らしに必要なものは何でもそろっているのですね。そのためにも、「本当に豊かな森」づくりが必要なのだと思います。

(写真は、クロモジ=黒文字。高級爪楊枝として利用されてきた香木。)